ガーナ人ムスリムと結婚して日本に住んでいます 〜 異文化と多様性で生きて考えて行動する非イスラム教徒の日本人妻のブログ

ガーナ人イスラム教徒と国際結婚して日本で、多様性と異文化に揉まれながら生きる非イスラム教徒の日本人妻のブログ

5/12 数字がもたらす悲劇と混乱

ルー大柴な英語と日本語の話をしましたが、日本語以外で数字を数えることができますか?





英語、フランス語、ロシア語、中国語、韓国語、ドイツ語、スペイン語、タイ語、ベトナム語・・・


世界にたくさん言葉はあります。
挨拶はいくつかの言葉で言えるという人も多いでしょうが、数字はどうでしょうか?


生活をするためには数字は重要です。
買い物をするだけでなく、


住所
電話番号
ホテルの部屋番号


と言った身近なところにも数字は存在します。
私の経験でも、数字は生活に密着していることから、


意外と早く


覚えられるとおもいます。


以前、タイに出向したときも挨拶すらわからなかったのですが、


あいさつ → 数字


の順に覚えました。




数字の区切り方も日本と同じなら意外と簡単に覚えられたりします。


仕事をするときに数字が正確に読めないと言うのは


自爆行為


とも言えるので、数字は正確に言えるようになっておいたほうがいいですよね。


英語と日本語は数字の区切りが違う言葉ですし。
復習がてらいかがでしょう。


百  Hundred
千、 Thousand,
万、 Ten thousand,
十万、Hundred thousand
百万、Million
一千万、Ten million
一億、 Hundred million
十億 Billion


普段の生活では億の単位を使うことはありませんが、
この数字の区切りが我が家でも悲劇と混乱をもたらすことが


多々


あります。
もちろん、我が家も。



×

非ログインユーザーとして返信する